向精神薬が「病気」を作る!?
~抗うつ薬が病気を生み出すシステムを解説~


『薬が病気を作っている』
という
前回の記事の続きです。

monster-426994_1280

前回の記事をまだ見ていない方はこちら
     ↓
向精神薬が「病気」を作る?

向精神薬の服用で生じる「副作用」「離脱症状」
病気を悪化させる(作り出す)という実態…

ひらたくいうと、

薬による副作用で患者さんの状態が悪化しても
「元の病気の悪化」または「新たな病気の発症」
一元的に捉えられてしまうことがある。

だから、ただ薬は増量or追加になっていく…
という悪循環が生じているということです。

少し専門的な内容で分かりづらかったと思うので、
今回の記事では、上記の内容を具体的に
説明&解説し、その回避方法も紹介します。

●薬が病気をつくる仕組み(うつ病→双極性障害)


「うつ病」
は、かつては「躁うつ病」
ひとくくりにされて考えられていました。

しかし、現在では躁うつ病は「双極性障害」と呼ばれ、
「うつ病」とは区別されています。

「双極性障害」とは?

—————————————————————————————
 うつ状態だけが起こる病気を「うつ病」です。

 このうつ病とほとんど同じ「うつ状態」に加えて
 うつ状態とは対極の「躁状態」も現れ、
 躁とうつを繰り返す病気が『双極性障害』なのです。
—————————————————————————————

self-love-553243_1280

この、「双極性障害」の診断数は
年々増加しているように思えます。

その理由は、抗うつ薬や抗不安薬による興奮状態を
病気である「躁状態」だと捉えられる場合があり
「双極性障害」と過剰診断されるケースもあるからです。

ひらたくいうと、
『抗うつ薬によって、双極性障害が作られている』
という見方もできるということです。

injecting-519389_1280


うつ病の治療にはSSRI、SNRIがメジャーで

昔からある三環系、四環系抗うつ薬が使われます。

——————————————————————————————-
<抗うつ薬の一例>
SSRI
:ルボックス、デプロメール
   パキシル、ジェイゾロフト

SNRI:トレドミン、サインバルタ

三環系:アナフラニール、トフラニール

四環系:ルジオミール、テトラミド
——————————————————————————————–

SSRIは選択的セロトニン再取り込み阻害薬の略号で、
その名の通り、シナプス間のセロトニンの再取り込みを防いで
と作用機序を説明しようと思いましたが、

”専門的な言葉”で難しい説明をしたくないので
この薬の作用機序の説明などは割愛します。

なんとなくのイメージだけつかんでください。

SSRI、SNRIなどの抗うつ薬は、
興奮性、衝動性を高め、自殺願望を沸かせたり、
攻撃的、暴力的な行動を誘発しやすい薬だと…

chains-433538_1280

こういった薬を服用していると、
「うつ症状」だった人が「躁状態」になるという
ケースがみられます。

これを『躁転』と呼びます。

抗うつ薬を服用して、気分が落ちた「うつ状態」から、
気分がハイで高揚したになる「躁状態」に転じた

という体験をされた方は読者さんの中にもいるでしょう。

アナフラニール、トフラニールアモキサンなどの
「三環系抗うつ薬」と呼ばれる
古いタイプの抗うつ薬がありますが、

この薬の服用で、1年のうちに4回以上も
躁状態とうつ状態を繰り返す「ラピッドサイクリング」を
起こすことも指摘されているので注意が必要です。

●病気か? or 薬の効きすぎか?

現代の精神医療では『躁転』が起こると、
その患者さんは「元から双極性障害だった」
または「双極性障害を発症した」と捉えます。

そこで、今度は「双極性障害」の治療が始まり
気分安定薬が投与されることになる…

薬を減らす方向にいくよりも、
「双極性障害」という名の診断が下り
抗うつ薬に上乗せして薬剤が増えていくのです。

実際に、双極性障害の人は多くいるし、
そこで正しい診断を下すことは重要なことです。

正しい診断は、患者さんにとってプラスになり
双極性障害の症状を安定化させることで
社会に適応できるようになることもある。

それは紛れも無い事実です。

『精神薬の恩恵』を否定している訳ではありません。

しかし、本当は双極性障害ではない人が
双極性障害の治療薬を飲まされて鎮静され、
感情や認知力が鈍った精神の荒廃した状況になる…

man-164216_1280


こんな一面があることも、また事実なのです。

統合失調症の治療薬である『ジプレキサ』
”双極性障害”に適応が拡大された日本で最初の薬です。

元は「抗精神病薬」であるジプレキサは
神経遮断薬とも言われるように、神経の活動を抑制し、
脳を鎮静化させるように作用します。

この精神薬の投与によって、
脳は撹乱され、神経伝達物質はかき乱されます。

この状態が続くと、脳のシステムは
完全に薬に依存して不自然なものになる…

そして、「認知障害」とも言われる
思考や感情の働きが鈍った、無気力で、
荒廃した状態に陥ることになることもあるのです。

ところが、この無気力な状態すらも、
統合失調症の「陰性症状」とみなされることがある。

さらに追加になった薬の副作用すらも
「統合失調症の症状そのもの」とみなします。

そして、薬剤カクテルといわれるように
『多剤併用療法』で薬がどんどん増えていき、
精神薬から脳が抜け出すことのできない状況になる…

medications-342488_1280

鎮静、覚醒、睡眠、抗不安、意欲の発起…

本来、人間にそなわった感情・思考の働きは
脳の自然な働きによって起こるものです。

しかし、薬物の作用で脳の神経をいじくり、
自分本来の「感情・意欲・思考」のコントロールすら
完全に手放してしまうと、

その人の精神は、荒廃していくことになるでしょう…

●「投薬のみ」の対症療法から逸脱!!

したがって、向精神薬の投与は
本当に慎重に行なわなければなりません。

原則としては
「症状に合わせて計画的に薬を減らしていき、

 最終的には投薬治療からの離脱」
を目指すべきだと私は考えています。

しかし、現実には逆のケースが多い…

それは、現代医療の根底に
「対症療法」という考え方があるからです。

「対症療法」は薬によって症状をコントロールする考え方で
現在の精神科や心療内科ではこれが基本になっています。

つまり、臨床の現場では
薬によって、精神状態が良好に維持できるなら
 脳をコントロールするため投薬治療を続けるべき」

と判断されるのが通常なのです。

したがって、治療を受ける際には問診時に
出来るだけ薬に頼らない治療を心がけたい」
伝えることが重要です。

あなたの主治医の考え方が
「ただ薬を飲み続けて、症状を抑え続ければいい」
という『臭いものには蓋を』…という考え方ならば

他の医療機関にセカンドオピニオンを仰ぐか
投薬よりもカウンセリングに重きを置いている

医療機関を受診する事も考えてみましょう。

「心」は薬では治らない。

それを絶対に忘れてはないでください…

それでは、長文を最後までお読みいただき、
ありがとうございます。

あでぃおす(o゚c_,゚o )

MINDを変えたい人には
こちらの記事もオススメです。
   ↓
あなたの『世界観』を変える方法



**************************************** 
■『無料プレゼント』(先着50名限定)■ 
 ●あなたの「苦しい現状」を改善する方法

 ●痩せ体質になる簡単な極意
 (過去に各1万円で販売していたレポートです) 

【期間限定の無料プレゼント】ですので
下記からご登録をどうぞ!
      ↓ 
【完全無料】薬を使わずにうつ・不安を解消するメール講座

9fc5bbf4fa75e04ba47df89223bc741b